ベビーコラーゲン注射って良いの?

施術するのにお勧めの部位

コラーゲン注射についてまとめました施術するのにお勧めの部位カウンセリングだけでも受けてみるべき

施術をするのにおすすめの部位も押さえておきましょう。
目の周りは目尻のしわなんかも気になるところですが、一番気になるのは目の下のたるみです。
年を重ねるとできてしまう目の下のたるみは女性のお悩みに多いところです。
このたるみがあると影ができてクマがあるように見えて、余計老け顔に見えてしまう原因になります。
しかも目の周りの皮膚は薄いのでヒアルロン酸を使うと凹凸ができてしまう危険性があり、透明な液体なので青クマがあるようにも見えて、より悪化させてしまうこともあります。
目尻も下手をするとみみず腫れのようになってしまって、より年齢を強調させてしまう危険性があるので注意が必要です。
額の場合にはどんな状態かによって治療方法を変える必要があります。
額に力を入れた時にできるのであれば、筋収縮を抑制するボトックスの方がおすすめです。
それに対して常に濃いしわなんかしわがあるような状況だったらヒアルロン酸、薄いのであればコラーゲンの方がおすすめになります。
それぞれに合ったものじゃないと、余計悩みを強調する結果になることもあるので、注意が必要です。
色んな部位に使用することができるベビーコラーゲンですが、どうやって施術するのか、痛みがあるのかと気になるところが様々あると思います。
施術は細い針でコラーゲンを注入していくので、かなり細かなところに微調整をして入れることができます。
目の下だけで1時間もかけて注入することがありますが、それだけ技術が必要になるということです。
しかも馴染みやすいので、1週間ほどで馴染んでむくみが取れます。
そして徐々に吸収されていって、2週間後から1ヶ月後に再度タッチアップすると長持ちしてくれます。